【カオサン発】ASIAゲストハウス【ラオス行き】
週末更新  バックパッカ―のためのアジア写真ガイドブック     バンコク ラオス カンボジア・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

2-5運河からただいま

みんな お家に帰っていきます。


Sany2176.jpg



この運河、結構広いと思いません?






Sany2177.jpg



もともとここがチャオプラヤー川の本流だったんです。





Sany2178.jpg



で、今本流のところが運河だったんです。



Sany2179.jpg



いつのまにか逆転しちゃったみたいで。。。





Sany2180.jpg



分かれ道も結構あるんですよ。



Sany2181.jpg



写真撮ってると、たまにこういう↑何を撮ろうとしたか分からない写真とかありますよね。


しかもピンぼけだし。


なんだろ。。この写真。






Sany2182.jpg



飯食ったら昼寝ですか。。



Sany2183.jpg



どうです?この写真。



水が道に見えるでしょ。



Sany2184.jpg


みんな降りていきます。

夕方なんで、降りる人ばかり。

だんだん減っていきます。




Sany2185.jpg




チャーター船にはない面白さ。


みんなが自分の家に帰っていく様子が見れます。


風景を見るというより、風景の中にいる感じ。


わかります??







Sany2186.jpg



前の女の子も帰っていきます。



Sany2187.jpg



よく見ると奥さん裸足ですか??



スポンサーサイト

2-4水の町

水の町です




Sany2164.jpg



ほら、川の中に電信棒が立ってて、川の横に玄関があって。


拡大してみてください。


見てるとだんだん川が道に見えてきます。



Sany2166.jpg




バンコクは湿地の中に作られた町。






Sany2165.jpg




もともと川と運河が道だったんです。







Sany2167.jpg



あんまりこっち見ないでよ!!


ってわけじゃないんでしょうけど。。



Sany2168.jpg




自分の家の玄関まで送っていってくれるんですよ!!





Sany2169.jpg



でも船頭さんは客の家を全部覚えているんでしょうかね。




Sany2170.jpg




毎日同じ人を乗せているからでしょうか。


Sany2171.jpg



家ごとに玄関があるのは当たり前ですが、

ココでは、家ごとに船着場があるんです。



Sany2172.jpg



足元にビーチマットみたいなのがあるので、それを水よけに使います。


Sany2173.jpg



尼さんも寺の船着場まで。



Sany2174.jpg



オッチャンも船で「ただいま」って。



Sany2175.jpg





まだまだ運河の旅、続きます。

2-3水しぶきが?!!

水しぶきが?!!



Sany2151.jpg



運河の入り口はまだ川幅が広いので、結構スピードを出します。




Sany2152.jpg


他の船とすれ違うと波がジャバーンってなって、水飛沫もジャバーンって。



Sany2153.jpg



水よけで傘をさしている人もいます。



Sany2154.jpg



すれ違うときが一番すごいんです。



Sany2155.jpg



こんな大きい船も



Sany2156.jpg



↓この子の写真、拡大してみてください。


汗じゃないですよ。運河の臭い水で顔がビチャビチャ。



Sany2158.jpg



さすがにこの水しぶきの中メシは食えんだろうって思ったら、まだ食ってました。

さっきの焼き鳥。



Sany2159.jpg



前向いて座れません。


水が来るから伏せないと。


Sany2160.jpg



だんだん家が見えてきましたよ。



Sany2161.jpg



ココからが運河の楽しみ



Sany2162.jpg



それにしても水しぶきがすごい。





Sany2163.jpg




船はこれから客をそれぞれの家まで送っていきます。




2-2ノーイ運河へ出発

待つこと1時間やっと船がきました。





Sany2141.jpg



仕事帰りのサラリーマン?小学生、買い物帰りのオバチャンなどなど・・


地元率100%


外人は僕らだけです。。



Sany2142.jpg





でも。。


料金だけは外人プライスなんです。たぶん。。



終点まで一時間くらいなんですけど、一人40B(120円)地元プライスにしては高いような気がします。


まぁ外人が多い場所ですから。。



でもチャーターすると何百バーツもするんですよ。


Sany2143.jpg




前の小学生はさっそくごはんです。


メニューは焼き鳥、焼きブタと、もち米です。




Sany2145.jpg



さぁ出発。


横のブルーシートは水しぶき除けです。



Sany2146.jpg



まずはチャオプラヤー川を猛スピードで渡り、西側のトンブリー地区に向かいます。



Sany2147.jpg



チャオプラヤー川の西側についたら、ノーイ運河に入ります。



Sany2148.jpg



運河の入り口は結構広いんですが、だんだん狭くなります。




Sany2149.jpg



水しぶきを避けながらの食事。


よく食うなーと思うけど、毎日の事なんでしょうね。



学校帰りって、何食っても美味いですもんね。

Sany2150.jpg



それにしても水しぶきがスゴイ!!


顔中ビチャビチャです。。


2-1船が無い??

歩くオールドバンコク(右メニュー)【1-1】?【1-17】の続きです。


ココからはノーイ運河の通勤船の旅です。


ターティアンの船着場です



Sany2132.jpg



絵葉書が売っていたので、これを写真に撮れば絵葉書買わなくてもいい!!


と思って写真に撮ったんですが、いっぺんに撮ろうと欲張りすぎてこんな風になっちゃいました。



Sany2133.jpg





ところで、運河行きの船は?

聞いてみたんですが、どうやらこのターティアンの船着場からは無いみたいです。



いや、、あるんですけど、 観光客用のチャーターボート しかないみたいです


僕が今回探しているのはチャーターではなく、
通勤用のボートです



チャオプラヤー川の西側の運河沿いに住む人たちが、バンコクの中心である川の東側に来るためのボートです。







Sany2134.jpg




いろいろ聞いてみると、その通勤用運河ボートはここターティアン船着場ではなく、隣のターチャン船着場から出ているみたいです。


Sany2135.jpg



またチャオプラヤーエクスプレスに乗り、隣のターチャン船着場を目指します。



Sany2136.jpg



はい、つきました。。


隣のターチャン船着場です.



Sany2137.jpg



ここも観光客の多い船着場です。


近くにはワットプラケオ、王宮といった超有名観光地があります。


僕はまだどっちも行った事ないです。


タイに10回以上行っているのに・・・・

っていうか働いてたのに・・・



老人になったら行きます。





Sany2138.jpg



船着場からちょっと外に出てみました。

にぎやかですね。


外人もたくさんです。



Sany2140.jpg



船着場に戻って聞いてみると、やはりココからトンブリー地区の運河に向かうボートが出るようです。


あれです。あのボート。


次回からいよいよバンコクの西側、トンブリー地区ノーイ運河に向かいます。


バンコク最後の日

ちょっと話は変わりますが・・・



HYさん、Nat2はこんなところ






バンコク最後の日







早朝彼女を空港に送り一人になった僕は、



【夜までの時間をどう使おうか】



という事を、ベットに寝転がりながら天井をぼんやり眺め考えていた。




今回の旅行は彼女と同じ飛行機が取れず、日本に帰るのが半日ずれてしまったのだ。












【今日が最後】



と思うと、昼ご飯を食べるのも【最後の昼ご飯】・・・と、妙な気分になる。


何を食おうか考えた結果、一番ありえなそうな【竹亭】で食うことにした。




昨日の夜

『竹亭に行きたい』

と言った彼女に

『最後の夜に竹亭はナシだろう』


と、えらそうに言っていたはずなのに・・・・・・









昼飯を食い終わって、次行くところ。


考えるまでもなく、足が勝手に進んでいく。



【ぼくが向かっている場所】


【最後の日に行く場所】



最後にココに行っておかなければ、ぼくはバンコクに何か忘れ物をしたような気持ちで、またどうしてもココに帰ってきたくなってしまう。

いや、今日ココに来たとしても日本に帰ればまたココに帰って来たくなってしまう。



【ココ】はバンコク・Nat2ゲストハウス









Sany2983.jpg






「いつ戻ったんだ?」


「2,3日前に戻ってたけど、他のホテルに泊まってたんだよ」


「フェーンは?」


「朝日本に帰った。オレも夜帰るよ。」


「結婚は?」


「日本に帰ったらすぐだよ。」


「はっはっは・・おまえ毎年そう言ってるじゃないか。」


「今度は本当だよ」


「そうか、よかったな。」




Sany2984.jpg



「食うか?」


「何これ?ありがと」




「ん??ジョ、ジョイー・・・・まずいよコレ、


   めちゃめちゃまずいよ、ちょっとトイレで吐いてくるわ・・」




::::::::::::::::::::::::


彼の名前は【ジョイー】


Nat2の隣にある女学院の物理の先生だ。

毎日仕事帰りにNat2の奥のバーに来ている。


ジョイーとは何年前からの付き合いか忘れたが、僕がバンコクにいる時間のほとんどをココで一緒に過ごしている。



半年ぶりに会っても一年ぶりに会っても、僕が毎日来ていたときと同じように大袈裟な歓迎もなく、僕がココにいるのが当たり前のように迎え入れてくれる。



Sany2985.jpg




「ジョイー、今日仕事は?」



「午前中に行ってきたよ。」



「じゃぁ今日はもう終わり?」



「いや、夕方4時からまた行かなきゃいけない」



「え??4時から仕事?

   飲んでて大丈夫なの?」







Sany2986.jpg




「ぜんぜんOK!!

    マイペンライだよ!!」




「でも臭うでしょ?

    生徒に酒臭いって言われない?」



「大丈夫だよ、オレにはこれがある。

    これさえあれば安心だよ!!





Sany2987.jpg




「・・・・仁丹ですか??」


「日本にもあるのか?」


「あるよ。

  でもそれ口の臭いは消えるけど、酒は体から臭うでしょ」



「大丈夫だよ、オレはこれで20年やってきたんだから!!」





・・・それたぶん生徒は気付いているけど言わないだけだと思う。













Sany2988.jpg




「ビリヤードやるか?」



・・・おっさん、、

昼真っからこんな所でウダウダしてる場合じゃないでしょ・・・


もちろんやるけど。





Sany2989.jpg













僕が大学生の頃は、ココで一ヶ月間朝から晩までビリヤードばかりやっている事もあった。


【バンコクまで来てビリヤードなんて・・・】


いや、そうじゃなくて


ココでくだらない話をして、くだらない時間を過ごすのが・・・





それがぼくの【バンコク】だったのだ。














あの頃の友達は・・・







一人は大学を卒業しバンコク銀行に就職し、その後IT関係の会社に転職し毎日11時まで働いている。タイで11時までの仕事というのは異常なくらいの忙しさである。



一人は大学は卒業せず、チェンマイで商売をはじめ、



一人は昔から働きたいと言っていた夢が叶い、タオ島でガイドの仕事をはじめ、



一人はドンムアン空港への就職が決り、



一人は結婚してニュージーランドへいき、またバンコクに戻り、



一人は専門学校に進み・・・・・



何人かはまだココに残り・・・












あの頃ここに居たみんなはそれぞれの道に進み、



ここで会うことはほとんど無いのだけど、



この場所に来ると、僕は【母校に帰ってきた卒業生】ような



不思議な気持ちになってしまうのだ。













でも、

もしかしたら僕はまだココを

卒業できていないのかもしれない。








:::::::::::::::::::::::


結局ジョイーはギリギリまでビールを飲みつづけ、3時55分に職場に向かった。

僕はその後少しビリヤードをし、夕飯を食いに行くことにした。






今度こそ最後の食事だ。



――――あそこのカオマンガイにするか・・・





カオマンガイと言うのは鶏肉をご飯に乗せた食事で、タイにいる間ほぼ毎日一度は食べている。


数多くの店を食べ歩いたが、あそこのカオマンガイはかなり美味い店の一つだ。




プラトゥーナムの近くのビッグCの近くの店。



今回の旅行ではまだ行っていない。


最後のメシとしてはちょうどいい。


結構遠いが最後にいってみる事にした。






カオサンから歩いて15分、マハカーン砦の横の船着場から船でさらに15分、プラトゥーナムの船着場へ。

そこからさらに南に5分ほど歩いて、ビックCの手前のソイを左に曲がったところにそのカオマンガイ屋台はある。




Sany2990.jpg



もう今は無いが、テキサスと言うタイスキ屋が昔あったところの前だ。

テキサスは看板だけはいまだに残っていた。




Sany2991.jpg



このソイは夜になるとたくさんの屋台が出る。




Sany2992.jpg



ソイの中から今来た大通りを見ると伊勢丹が見える。

位置関係分かります?




Sany2993.jpg




まだ時間的に開店直後で客は少ないけど、もう少し遅くなると客でいっぱいになります。




Sany2994.jpg



すぐに売りきれちゃいますよ。






Sany2995.jpg



生姜と唐辛子、ここのタレは

カオマンガイ用(茹)は、シーユー・ダムの割合が多く

ガイトート用(揚)は、唐辛子たっぷりの激辛タイプ



Sany2996.jpg




【茹で鶏】と【揚げ鶏】の両方乗せを注文





Sany2997.jpg



どうでしょう。

ここはご飯が美味いんです。

プリプリで。




Sany2998.jpg



スープも普通と違って、冬瓜ではなく具は高菜漬、鶏がらも入っています。




:::::::::::::::::::





時折ドブの臭いがどこからともなく漂い、


野良犬がクンクンいいながら寄ってきて、


それを店主が足で追い払い、





ぼくはタラタラ汗をかきながら、


カオマンガイを一気に掻き込み、


のどに詰まらせそうになり、スープを流し込む。





お茶をグビグビ飲むと、汗が一気に噴出す。


袖で汗をふきカオマンガイをまた掻き込む。


暑い!!美味い!!


また汗が噴出す。






僕はいくつになっても、



こういう時間が好きなんだろうな。









『明日死ぬ事になったら【最後の晩餐】は

ここで汗を掻きながらカオマンガイを掻き込みたいな。』




と変なことを考えてたりしていた。

























Sany2999.jpg



帰りも来たときと同じように船でカオサンに帰った。




Sany3001.jpg



暗くなっていたので、船が動いているか心配だったがまだあった。





Sany3002.jpg



船着場も閑散としている。




Sany3004.jpg



運河はもう真っ暗




Sany3005.jpg




夜のワット・プーカオトン


船着場からカオサンまでは久しぶりにバイタクに乗った。




さぁ、これで本当に最後だ。


後数時間で空港に向かわなければならない。



お別れを言いに、Nat2へ





::::::::::::::::::::::::::


Nat2に戻ると、ジョイーも仕事から帰ってきていた。


お酒の臭いをプンプンさせて、仕事は大丈夫だったんだろうか。。。




Sany3014.jpg



「あっボス!!

      お久しぶりです。」



ここNat2のボスだ。

僕は軽くワイをし、ボスと握手をする。


「なんだLOO!!いつ戻ってきたんだ?」


「2,3日前にホアヒンから戻ってきてたんだけど・・・・

   今夜日本に行くんだよ」


「おぃおぃ・・今日会って、すぐ日本に行っちゃうのか。

  彼女はどうした?」



「今日の朝日本に帰ったんだ。

   日本に帰ったら結婚するんだよ!!」



「そうか!!おめでとう!!」




Sany3010.jpg



「LOO!!こっち来いよ!!」


「ボウさん!変わってないねー。

   僕、今夜日本に行くんだよ」


「知ってるよ、さっきジョイーから聞いた。

   次はいつ戻ってくるんだ?」



「わかんない、仕事が忙しくなるとおもうから1,2年は無理かも・・」


「じゃぁ、次戻ってくるときは日本人の女の子を連れてきてくれ」


「なんで??彼女は??」


「別れたよ・・・」


「えーそうなの??
   あんなにかわいい彼女だったのに・・・

        じゃあ次は誰か連れてくるよ、たぶん」






女性の皆さん!!

↑のボウさんが彼女募集中です。

ご希望の方はバンコク・Nat2まで・・










Sany3011.jpg



「LOO、チャイの事は知ってるか?」


ジョイーに言われて見ると、奥の席にチャイがいた。


チャイは言葉が上手くしゃべれないので、ほとんどコミュニケーションを取った事が無い。

僕は彼の事を知っているけど、向こうは分かっているのだろうか?



と考えていると、チャイが突然手を差し出してきた。


チャイと握手をする。





彼はココに来ても何も注文しないし、手伝いをするわけでもない。


たまに来てうろうろして、椅子に座って、CH2に帰っていく。




「チャイは頭がおかしいんだよ」



みんなそうは言うが、誰も彼をジャマ扱いしないし

普通にココにいるのがあたりまえで

チャイはチャイだ。









Sany3009.jpg



Nat2は最近改装をし、奥のバーにバンドが演奏する場所が作られた。


といってもギターと歌だけで、演奏しているのも近所のにーちゃんと言った感じだ。


カオサンと言う場所柄、こういうものが外人に求められているかと言えば、かなり違うような気がする。


でも、そんな事はボスも分かっていて、この店はいわゆる

【外人旅行者ウケする場所】

ではなく、バンコクに住みついた元旅行者や常連のタイ人が多い。




カオサンの流れに逆行するようだが、ボスはこういう店が作りたいんだろうなと思う。






Sany3013.jpg



「おまえ、今日帰るのか?」


「あっパパァー、僕のこと知ってるんですか?」


「当たり前じゃないか、昔から知っているよ」


彼はみんなにパパァーと呼ばれている。

何年も前から顔は会わせているが、一度も【会話】といえるような会話はした事が無かった。


「パパァーはいつもここにいますね。

  国には帰っているの?」



「帰ってもココにすぐ戻って来るんだよ。」


「パパァーは<どこの国>の人なの?」


「ハッハッハ・・・

   そんな事はどうでも良い事だよ。





  ココはすばらしい・・・・


    ココは本当にすばらしい場所だ。




  ココにはすばらしい仲間がいる。





おまえがココにいて、

ワシもココにいる

そして、たくさんのすばらしい仲間がいる




             それだけで良いじゃないか。




またいつでも帰って来い、みんな待ってるぞ!!」





「ありがとう。

   ありがとう。

    また来るよ、それまで生きててね!!」






:::::::::::::::::::



学生時代、毎晩ココでくだらない話をして、くだらない時間を過ごした友達はそれぞれの道に進んでいった。



ココも改装され、以前とはずいぶん違う雰囲気になった。



それでも僕がここに来たいと思うのは、





ジョイーがいて、

ボスがいて、

マダムがいて、

ボウさんがいて、

ナーがいて、

ポンがいて、

チャイがいて、

パパァーがいて、






そして、僕がいる。




ここに流れる時間のせいかもしれない。






ココはバンコク・Nat2ゲストハウス

















1-17ターティアンの船着場

運河の船を捜すため



ターティアンの船着場を目指します。




Sany2121.jpg




川沿いの風景は見てて飽きません。


普通の家でも。






Sany2122.jpg



↓これはワット・アルン、暁の寺です。



Sany2123.jpg


三島幸雄の小説でも有名ですね。

読んだ事ないし、ワットアルンもいった事ないけど。。。



いつも船の中からだけ見てます。







Sany2124.jpg



川沿いの市場?

もうすぐ着きます。





Sany2125.jpg



着きました。ターティアンの船着場。


落ちないようにね。



Sany2126.jpg



あれ?


落ちた人?



イエイエ、普通に泳いでます。


でも汚くねーか???


Sany2128.jpg



近くに涅槃仏やマッサージで有名なワットポーがあるので外人も多いです。


まぁ僕も外人ですが。



Sany2131.jpg



船着場はお土産やだらけです。


右側の大きいお面なんて誰か買う人いるんでしょうか??


でもいるんでしょうね。。



そうだ、対岸の運河に向かう船を探さなければ・・・

1-16 チャオプラヤー・エクスプレスで

チャオプラヤーエクスプレスの船で


ター・ティアンの船着場に向かいます





ター・ティアンの船着場と言うのは、前回のメモリアル橋の船着場からカオサンに戻る方向に2駅行ったところの、ワット・ポーの横の船着場です。


ワット・ポーに行くには便利な船着場ですが、今回はワットポーには行きません。




このターティアンの船着場からチャオプラヤー川の西側、トンブリー地区の運河に向かう船が出ているという噂を聞き、その運河の船を捜しに行きます。



Sany2113.jpg




船は結構大きいですが、外側に座ると結構水しぶきがかかります。



Sany2114.jpg



河を見ながらのんびり



Sany2115.jpg




涼しいですね。

Sany2116.jpg



今日は結構空いてます。


船の後ろのスペースは、360度見渡せます



Sany2117.jpg



側から見たメモリアル橋



Sany2118.jpg



川沿いには有名な寺が多いので、船にはお坊さんも多く乗ってきます。


たまにお坊さんだらけの時とかも。


Sany2119.jpg



もうすぐ一つ目の船着場




Sany2120.jpg



ラーチニーの船着場です。


近くにラーチニー女学院があります。

まだ降りませんよ。ちょっと降りてみたい気もしますが・・


keikoさんこれです!!

この記事はkeikoさんへの個人的な返事ですので、
今までのとは続きじゃないです。


keikoさん!!



今、はやっているのはコレ!!






Sany2286.jpg




Nat2行くみちに売ってるのとは違いますよ!!



こっちは値段が高いけど、完全100パーセント!!


氷も自分で後から入れるし、砂糖なんて入れないんです。





たぶんまだカオサン以外では売ってないと思います。

っていうかカオサンは行くんですか???





Sany2287.jpg

【2005/09/20 20:53】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) |

1-15船着場で

カオサンを出発して約5時間、



やっとチャオプラヤーに着きました。



普通に歩けば、1時間くらいです。


Sany2105.jpg



川沿いの道はやっぱり涼しいです。


この道、夜はナイトマーケットですごい人になります。


Sany2106.jpg




船着場に着いたらちょうど船が着ました。


これを逃すと結構待つので、急いでチケットを買います。







Sany2107.jpg




この船着場は【メモリアル橋】、この橋の名前です。





Sany2108.jpg




来ました。来ました。



Sany2109.jpg


乗るのは後ろからです。

Sany2110.jpg




ジャンプして乗るので落ちないように・・


Sany2111.jpg




次は船で王宮の方(カオサンに戻る方向)に向かいます。



1-14パーククロンの花市場

花の市場です。

Sany2088.jpg



メモリアル橋の西側にパーククロン市場は広がります。


その東側には昼は何もありませんが、夜になると洋服とかを売るナイトマーケットになります。





Sany2089.jpg



バラの花束が中心ですが、よく見ると珍しい花も結構あります。



Sany2090.jpg




バラの花束が3?40本くらいで140B(400円)



Sany2091.jpg



花の市場を抜け、川のほうに曲がります。





Sany2092.jpg



こっちはもう店じまい気味です。

朝早くか夜中しかやってないんでしょうか??




Sany2093.jpg



どうやらフルーツや野菜が中心みたいです。



Sany2094.jpg



チャオプラヤーから船で水揚げされるんですかね?

川沿いって事は・・。



Sany2095.jpg



写真を一括で小さくしたら、小さくなりすぎました。


でももうちょっとで大きくなりますので。



Sany2096.jpg



なんか寂しいですね。


終わった後の市場って。



Sany2097.jpg



戻ってきました。

橋のところに。


ココ一周しても10分くらいです。



Sany2098.jpg



さっきの橋を横から見るような感じです。


Sany2099.jpg



でもヤッパリ暑い・・・


ちょうど良いところにセブン発見



Sany2101.jpg



なんか飲みもん買います。



Sany2104.jpg




ほら。


お茶。



ココ3年くらいでお茶はバンコクでもコンビニの定番になりました。



でもほとんどのお茶は、砂糖入りで甘いんです。


この【オイシーOISHI】の白キャップはノンシュガーです。



OISHIのお茶は4種類あって、緑、黄色、オレンジ、白のキャップがあります。

砂糖が入っていないのはこの白だけ。


でもこの白キャップだけ置いていない店とか多いんです。






Sany2102.jpg



トゥクトゥクも市場ではまだ現役で活躍してます。


Sany2103.jpg




次回は橋の船着場からチョヲプラヤー川に出ます。



1?13 兄さん!!事件です。

「兄さん!!


    変な外人がこっち見てるさ!!







 僕、はずかしいさ!!


     注意してくれさー!!」





















「よし、任せておけよ!!


      兄さんが注意してやるよ。」







「たのんださー、兄さん!!


   さすが、兄さんは



    いつもたよりになるさー!!」











Sany2079.jpg













「コラ???!!



      みせもんじゃネーよ










 こっち見るんじゃね―よ!!!」















「見せるほどのものじゃないさ??




 あんまり見るんじゃないさ?!!


 







      照れくさいさ?!!」














Sany2078.jpg

















皆さんも見すぎないように注意しましょう。

















Sany2080.jpg


















横目でチラッと見て、素通りしましょう。













Sany2081.jpg





もうすぐ河ですよ。



Sany2082.jpg



買っちゃいました。


紅イモ。


これが美味いんですよ。サツマイモよりトロッとしてて。



Sany2083.jpg



これが橋のシンボルです。



でも橋に行く前にちょっと回り道をして、花の市場(パーククロン市場の北側)に行きましょう。


Sany2086.jpg



交通量が結構多くて、道が渡れません・・・


困ったなぁ・・・・



Sany2085.jpg




と思ったら・・・


小学生が横をスゥーっと渡っていきました。




Sany2084.jpg



結構慣れてるつもりでも、まだまだ小学生にも負けます。







では、ちょっと次回予告。


次回はこんなきれいな花がたくさん出てきますよ。




Sany2087.jpg

1-12路地の奥は・・・

インドカレー屋を出て、




さらに路地を奥に進みます





路地を進むと行き止まり。

というか道はありますが、鉄の柵に鍵がかかっていて進めません。






あれ??この路地・・・・・

思い出しました。




Sany2062.jpg








たしか3,4年前ここに来た事があります。

カオサンでめちゃヒマ人してたとき、ラーチャダムヌン通りのセブン前でインド人の太ったオバチャンを発見しました。
 
 一緒にいた彼女(現ヨメ)に

「後つける?」

「行く?」

「行くか!」


・・・で後をつけました。


バスに乗って、チャイナタウンの端っこで降りて、道を渡ってインド人街へ。


さっきの路地を入って、オバチャンを見失いそうになりながら追いかけて・・


辿り着いたのがこの路地でした。




当時はこの門が無くて、奥のさらに細い路地を抜けて・・・


気付いたらインド人街。


【小さいトトロの後をつけて不思議な森を抜けたら、大きなトトロを発見した】  みたいな気分でした。


あの時は、本当にインド人街に着くなんて思ってなかったし・・。




なんか不思議な気分。

あのときの路地か・・・・



まあとにかく今は門に鍵が掛かって行き止まりです。



・・引き返すか・・



Sany2061.jpg



と思ったんですが、北側の路地に通りぬけられるインド食材屋がありました。






Sany2060.jpg



スパイスとかもあります。


思わず、チャイ用のスパイスを買ってしまいました。

たぶんシナモンとかが入っているんだと思いますが、紅茶に耳掻き一杯入れれば良いらしいので、結構割安です。

・・値段忘れたけど。




Sany2063.jpg



店の北側に抜けると、ビルの解体をやってました。



Sany2064.jpg



その向こうには新しいビル。

そのうちインド人街のシンボルになるんでしょうね。

もうオープンしてる??



Sany2065.jpg



はい。

出ました。



タイじゃないですよ。


もうすでに。

Sany2070.jpg



噛みタバコ屋ですね。


Sany2066.jpg



でも、そんなにコテコテのインドではないんです。



Sany2067.jpg


歩いているのも、半分はタイ人だし。



Sany2068.jpg


オカマの学生さんとか。

タイっぽいでしょ。



Sany2069.jpg



たまには こういうのもありますが。




Sany2071.jpg



この辺がパフラット市場です。


Sany2072.jpg



布を売る店が多いんですが、ほとんど閉まってます。


Sany2073.jpg



もしかして、さっきの新しいビルに移動したんでしょうか?



Sany2074.jpg



あまり期待せずに行きましょう。


ただの散歩のつもりで。



Sany2075.jpg



もうすぐ大通りです。

メモリアル橋のところです。



Sany2076.jpg



出ました。

大通り。


Sany2077.jpg



この建物でなんとなく場所がわかる人はツウです。






じゃあ次は、インド人街の西の大通り(メモリアル橋の通り)からメモリアル橋方面に歩きます。


おい!!アメリカの人たち!!

オイ!!



アメリカの人たち!!











つぶれた2つのビルのために



流す涙の内





一滴を










訳も分からずに死んでいった




アフガンの人のために流してくれ!!!




















オイ!!




アメリカの人たち!!









ビルの下で死んだ人たちのために





うたう歌のワンフレーズを










早とちりで殺された




イラクの人のために歌ってくれ!!










9.11、アメリカの同時多発テロから5年?くらい??


確かあの時僕はバンコクでそのニュースを見ていた。




あれから何年なのか正確に知らないけど、

世界中でたくさんの人が殺された。



アメリカによるテロで。






この記事気に入らない人はスルーしてください。


最後に一言。


アジアジンヲナメンナ
【2005/09/12 23:03】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) |

1?11インド人街のカレー屋

今回のバンコク散歩、最大の目的。


カレーを食います!!




さっそくカレー屋発見!!!


バンコクのインド人街(パフラット市場)は意外とショボイので、カレー屋もたくさんあるわけではないんですよ。

僕が見つけたのは3件だけ。

Sany2059.jpg



メニューを見ると、野菜のカレーがすべて20B(60円)。


チャイ(インド風のミルクティー)が10B。(30円)

チャパティー(カレーを付ける薄いパン)が3枚で10B(30円)。


値段も手ごろです。




↓インド人も絶賛!!  たぶん。。

Sany2053.jpg




メニューを見てもピンとこないので、厨房でどんなカレーがあるか見せてもらいました。


7種類の野菜カレーから選びます。



Sany2054.jpg



豆のカレー


ブロッコリーのカレー


ジャガイモのカレー

などなど・・・・



一番無難なジャガイモカレーを選びました。


↓これはたしかブロッコリーのカレー



Sany2055.jpg



食卓にはクミン?


でも直でかけるのはちょっと・・・

Sany2056.jpg



チャパティーは直火であぶってくれます。





Sany2057.jpg



カレー到着!!


たぶん写真では伝わらないけど、本当に美味かったですよ!!




カレーはたまに食うから美味い。

毎日だと美味いカレーもダンダンつらくなりますよね。。



Sany2058.jpg




食後はもちろんチャイで。


僕はチャイを最初に飲んだのがバングラディッシュだったので、シナモンの入ってないコテコテのチャイのほうが好きです。



この店はインド風。

シナモン入りです。でも、普通に美味いですよ。



次回はもう少し路地の奥を歩いてみましょう。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今日は暑かったのでアイスを食いに実家の近くまで行ってきました。
一時間以上かけて・・・

その店、小学校の頃から全く変わってなくて・・
昭和って感じがするんですよね。

アイスも手作りで、モナカに挟んでくれて100円。


パイプの円椅子に座って、テレビ見ながらムシャムシャ・・
近所のおっさんが何も注文せずに、テレビだけ見に来てました。。

昭和っていうか、『あじあ』って感じしました。。

1?10インド人街

インド人街到着!!

Sany2046.jpg



まだこの写真では分からないですね。



Sany2047.jpg



右の男の人、ターバン巻いてます!!


第一インド人発見です!!



Sany2048.jpg



おっ、、サリーを着た女性も!!


インド人街の東側の道を、南に歩きます。


2本目(たぶん)の路地を西へ。



いよいよ、インド人街の路地に突入です!!


一本目の路地は取り壊し中の建物の南側、その一本南の路地です。


Sany2049.jpg



路地に入る瞬間って、ドキドキしますよね。


いよいよですよ!!



Sany2050.jpg




キターーー!!!!


路地の奥のレンタルビデオ屋。


やっぱしインド映画です。。



Sany2051.jpg



前々回のマネキン覚えてます?


こっちはスゴイ勢いでインド風になりましたよね!!


Sany2052.jpg



綺麗??


眉毛切れてますよ。  大丈夫?



次回はインド人街のインドカレー屋です。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


今日電車を待っていたら、電車から見事にハゲた人が4人連続で降りてきました。
週末は良い事がありそうです。



1?9もうすぐインド人外

オールド・サヤームセンターに入ってみましょう。


ようこそーーー

Sany2035.jpg



いらっしゃいませーーー



Sany2036.jpg


このマネキン覚えといてくださいね。


インド人街に行くと、マネキンの格好が変わりますから。


Sany2037.jpg



中はこんな感じ。

服が中心ですね。


インドっぽいものはまだ全然ありません。



Sany2040.jpg


彼女がトイレに行ってる間に体重を量りました。


71.1キロ。


旅の最初から2キロくらい痩せました。



いちお、最上階まで登りましたが、大した物はありませんでしたので

写真はなし。。



Sany2041.jpg



外に出ると・・・・


>キターーーー<

インドっぽい建物発見!!

あそこを目指します。




それにしても、外に出ると暑い!!

もぁ?っときます。


Sany2043.jpg



もうすぐです。


Sany2042.jpg



生地屋も増えてきました。



Sany2044.jpg



この交差点を越えると、イヨイヨインド人街。


歩道橋があるのに、誰も使ってませんね。

みんな下を歩きます。


だって暑いんだもん。。階段なんて登りたくない。。



Sany2045.jpg


↑これはインド人街側から見たセントラルデパート。

ここは、昔最上階にクーポン食堂があったんですけど、今はありません。


休憩をしようとして上がったんですけど、残念。。




次回はついにインド人街(パフラット市場)です。




::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今日会社で
「OOさんってB型ですよね?」って言われました。
 ↑僕の名前

どういう意味?

僕そんなに自分勝手ですか?


人にB型っていうの失礼ですよね?

というか、こういう事書くのはB型の人に失礼ですね。


複雑・・・



ぼくO型です。

1?8バンコク鉄砲通り

この先は銃を売る店が並びます。


パッと見普通の通りですよね。

僕もこの辺に銃を売る店がたくさんあるなんて知りませんでした。


Sany2026.jpg



なんか銃売ってるってだけで、恐い人たちがいるのかなって思って・・・


怖いので盗撮です。


指が入ってるでしょ。↓


Sany2027.jpg



店の人が外にいたので


恐る 恐る


「撮っていい?」


と聞くと、案外OK。


Sany2028.jpg



撮ったはいいけど、反射してほとんど見えません。。



Sany2029.jpg


この辺はどっちを見ても銃を売る店です。


Sany2030.jpg


タイって、銃OKだったんですね。

知らなかった。。


そういえば、銃を撃つツアーの広告とかありますもんね。



Sany2031.jpg



↑こちらはオールド・サヤームセンター。


ココを越えるといよいよインド人街。


でもその前に、せっかくですからオールド・サヤームセンターに寄っていきましょう。



Sany2032.jpg



もうすぐインド人街だから、コーヒーショップにも【チャイ】があるかな?


って思ったんですけど、普通のコーヒーショップでした。



Sany2033.jpg



ブラック・キャニオンコーヒー、焼肉大同門の看板。


マクドやケンタもあります。



Sany2034.jpg


外の風景はこんな感じ。

まだインドっぽくは無いですね。





次回はこのオールド・サヤームセンターの中を散歩します。



1?7工場通り

仏像どおりを南に行くと、

少しずつ中華街の雰囲気が漂ってきます。


バンコクの中華街と言えば駅の西側に広がるヤワラー通り周辺がその中心となりますが、この辺りから建物は中華風になってきます。



Sany2019.jpg




バンコクのロウ人形館にこういうのありましたよね。


でもこちらは生身の人間です。



Sany2020.jpg



渋い!!


渋すぎます!!



「写真とってイイ?」って聞くと

ニコって笑ってくれるんですが、カメラを構えると渋い顔に戻っちゃうんです。



Sany2021.jpg



家はこういう感じ。


家も渋いでしょ!!



この辺りは、同じ形式の古い家が続きます。





Sany2022.jpg




隣の家は、何かの工場?


Sany2023.jpg



真っ黒の油まみれのオッチャンが出てきました。

・・写真とってないけど。。



Sany2024.jpg



周りはは再開発で、こんなにキレイです。


この通りの一角だけが、さっきの歴史遺産的建物なんです。



Sany2025.jpg



またまた運河、っていうかドブですね。


昔はこういう運河が道だったんですね。


バンランプーからファランポーン行きの運河の船はずいぶん前に無くなったようですが、バンランプー運河自体も埋められているようです。


無くなるって寂しいです。






明日はこのまま南に進み【バンコク鉄砲通り】です。




1?6バンコク仏像通り

前回の市庁舎の裏(東側)を南に進みます。


いよいよココから仏像通りです。


Sany2010.jpg



市庁舎裏にもいくつかメシ屋があります。
確かお粥やが流行っていたような。



Sany2011.jpg



これはカオ・カー・ムー(豚足煮込みブッカケご飯)の店です。
甘からく、トロトロに煮込んだ豚足が食欲をそそります。

あま?い匂いが・・・

ん?ん・・・がまんです。


今日はカレーですから。。



Sany2012.jpg



真中に見える赤い鳥居みたいなのは、大きなブランコです。

宗教行事で使われていたようです。


毎年えらい僧侶をこのブランコに乗せ、地面と水平になるまで揺らしていたみたいですが、転落・死亡事故が頻発したため現在は中止されているみたいです。





前前々回載せた地図を拡大してみてください。


地図の右・真中辺りに、この赤ブランコの絵がありますね。


今いるのは、そこの右側の道です。


ココからさらにズーット南(下)に進みます。



Sany2013.jpg



あの赤い鳥居が見えてくると、だんだん仏像を売る店が増えてきます。


誰が買うんでしょうね???

こんなデカイもの。




仏像好きのケレルさん!!

玄関に一ついかがですか?


食卓に3体ほど置けば、一人暮しでもずいぶん賑やかになりますよ。




Sany2014.jpg



実はこの辺を西に進むとバンコクの定番観光地、ワットポーや王宮、ワットプラケオ、ワットマハタートその他色々な寺院があります。

その関係で、仏像仏具を売る店が多いのかなーと思います。



Sany2015.jpg



さっき遠くから見ていた赤大ブランコが近づいてきました。

ガイドブックを見ると、名前はサオ・チン・チャーと言うらしいです。



Sany2016.jpg



この交差点の左側は、仏具、御供え物を売る店がずーっと続いています。



Sany2017.jpg



仏像通りもそろそろ終わり。


これはワットスタットという寺らしいです。


いまだにバンコクの寺に一度も入った事がありません。

今回もスルーで。




次回はさらに南へ、【中国?手工業通り】を歩きます。



PROFILE

LOO
  • Author:LOO
  • LOO⇒20代中盤を少し過ぎた頃⇒オトコ
    ⇒気持的には【永遠のニート】

    http://klungteep.ameblo.jp/

    インドシナ周辺を計1年以上の旅行
    卒業後バンコクで就職。
    現在帰国し、やっと半社会復帰。
      
      
  • RSS1.0
  • 08 | 2005/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。